その他

タイ旅行におすすめの時期は?気候や費用等からベストシーズンを決定

皆さん、タイ旅行を計画中ですか?

タイはアジアということで費用や時間的にも行きやすいですし、卒業旅行や2泊3日のプチ旅行に考えている方も多いかと思います。

そこで気になると思うのが、タイ旅行はどの時期に行くのがおすすめなの?ということです。

実際にタイに1月・2月・8月に訪れている私が気候や費用、その他の観点からタイのベストシーズンはいつなのかをご紹介します。

タイ旅行をいつにしようか迷ってる!という方は、この記事を参考にしてみてください。

1. タイで一番気候が良い時期は?

タイの気候は乾季(11~3月)、暑季(3~5月)、雨季(6~10月)に大別されます。

上のグラフは2018年度のタイ(バンコク)最高・最低気温、降水量を表しています。

タイの気候は高温多湿で年間を通じて蒸し暑いです。最高気温は30-35℃前後、最低気温25℃前後、夏の時期に雨が多く降ります。

3つの時季の特徴を調べてみると

夏季(3-5月):タイの最も暑くなる時期で35℃前後の猛暑が続く

雨季(6-10月):雨季で一時的に激しい雨が降る不安定な気候

乾季(11~3月):1年の中で1番気温が低く、過ごしやすい気候・降水量が少ない

となります。

乾季はそこまで暑くなく、雨の心配がほとんどないという点から

11~3月に旅行するのがベストだとされています。

実際、私は1月、8月上旬にバンコクに行ったことがあります。

下の写真は定番観光スポットであるタイのワットプラケオで実際に撮った写真です。

最初の写真が1月、2番目の写真が8月に撮ったものになります。

8月は多くの人が傘持ってますよね。この日は強い雨ではなかったですが、降ったりやんだりで不安定な気候でした。違う日は夕方一時的に激しい雷雨があり、部屋にいるしかありませんでした。

一方で1月は半袖で過ごしやすい、雨も一回も降らなかったことから

やはり旅行の時期は乾季が好ましいと言えます。

2. タイ旅行に格安で行けるのはいつ?

タイ旅行で費用を抑えるには、いかに航空券を安く取るかというのが重要です。

まずはハイシーズンを避けること。

・年末年始 ・お盆 ・ゴールデンウィーク ・三連休  ・金土出発

また、気候がベストな乾季(11~3月)をみてみると

正月明けから2月が安いです。3月は卒業旅行などで早く安いチケットがなくなってしまう可能性があります。

3. タイ観光スポットの営業日時をチェック

ワットプラケオ

ワットプラケオはバンコク観光の定番スポットですが、タイの祝祭日で休館している場合があります。旅行の計画を立てるときはあらかじめワットプラケオの休館日をHPでチェックしておきましょう。

ナイトマーケット

ナイトマーケットは週末しかやっていないところもあります

行きたいナイトマーケットの営業日時をチェックしておきましょう。

水上マーケット

ナイトマーケットと同じく、週末しかやっていないところもあります。

こちらも営業日時をチェックしておきましょう。

4. 中国の大型連休は避けよう

上の写真はワットプラケオで撮った写真です。

(最初の写真が1月、2番目の写真が8月に撮ったものになります)

8月初旬に行ったときは、中国人観光客で溢れかえっていました。写真撮るのも大変、動くのも大変で中国の祝祭日、夏休みは避けるべきだと思いました(汗)

一方1月は人が全然いないですね!

乾季(11~3月)の中国の大きな連休を調べてみると

”春節”という約1週間の休みが2月の初め前後にあります。(2020年は2/4~2/10の予定)

この時期はタイにも多くの中国人観光客が押し寄せると予想されるので、タイでゆっくり観光したい人はこの時期を外した方がよいかもしれません…

5. まとめ

気候、費用、観光スポット、中国の大型連休の観点から考えたタイ旅行のベストシーズンは

タイ旅行のベストシーズン

お正月明け~2月末(2/4~10前後除く)の平日(金曜除く)出発

でした!!

この時期に行けない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、

やはり一番考慮すべきなのは気候す!ですので、お正月明け~2月末でなくとも乾季(11月~3月)に行くことをおすすめします♪