その他

1日で効率的にタイ観光!バンコク市内~アユタヤ遺跡モデルコース

タイ観光には、寺院巡り、アユタヤ遺跡、象乗り、水上マーケット、ナイトマーケットなど見所がたくさんありますよね。

でも逆に観光名所がありすぎて、どうやって観光スケジュールを立てればよいか分からない!モデルコースが知りたい!という方いらっしゃると思います。

今回は私が実際に体験したバンコク市内・アユタヤ遺跡1日観光モデルコースについてご紹介していきたいと思います。

1日で効率よくバンコク周辺を観光したい方はこれからのプランを立てる上で参考にしていただければと思います。

1日で行けるバンコク定番観光スポットは?

今回、行こうと思ったバンコク観光名所は

<バンコク市内三大寺院>

*王宮、ワット・プラケオ

*ワット・ポー

*ワット・アルン

<アユタヤ遺跡>※アユタヤ遺跡はバンコク市内から車で1時間半かかります。

*ワット・プラ・シー・サンペット

*ワット・マハタート

*ワット・ヤイチャイ・モンコン

どれもガイドブックに大きく載っているタイの定番観光スポットです!!

バンコク1日観光ツアーモデルコース

1日でバンコクを効率的にまわるには、車移動が必須。

今回、現地ツアー専門サイト大手VELTRA さんのガイド付き貸切チャーターのプランを利用しました。

VELTRA さんから提示されたスケジュールです↓↓

09:00  宿泊ホテル出発
10:40 バンコク市内観光(王宮、ワットプラケオ、ワットポー)*時間的に可能であればワットアルンにご案内
12:30 昼食
13:30 アユタヤに出発
15:00 アユタヤ観光(ワット・ヤイチャイ・モンコン、ワット・マハタート、ワットプラシーサンペット)
18:00  出発

AMバンコク市内観光→PMアユタヤ遺跡観光という流れです。

王宮やワットポーに午前中行くのは、午後は交通渋滞や中国人観光客などで混雑するためだそうです。

これから、訪れた観光スポットについて実際に撮った写真とともに説明していきます!

09:00 宿泊ホテル出発

宿泊ホテルまでツアーガイドさんが車で来てくれ、いざ出発です!

↓車で移動

10:40 ワット・プラケオ、王宮

ワットプラケオはタイで最も格式の高い王室寺院です。本堂に安置されているエメラルド仏像はタイの本尊仏として最もあがめられており、多くの観光客が訪れます。

上の写真がワットプラケオへの入り口。入口から多くの観光客でごった返しています。

ワットプラケオは観光客が多い分、スリに注意が必要です!ガイドさんの話によると、日本人観光客で写真を撮っているときにカバンから40万円相当が撮られたそうです!気を付けましょう!

ワット・プラケオの中に入ると

敷地内は黄金に輝く建造物がたくさんありました。

スケールも豪華さも日本の寺院とは全く異なり見ごたえ抜群です!写真スポットもたくさんありますよ♪

次に訪れたのが同じ敷地内にある王宮。

王宮には現王朝の歴代王が暮らした建物が並んでいます。歴代の戴冠式や国王の遺体を火葬する前に置いておく場所などになっています。

王宮の建築様式は建築物の下は洋館、てっぺんはタイの建築様式を取り入れているようです。面白いですよね。

王宮まわりの敷地はとても広いです。兵隊さんたちもいました!

ワットプラケオと王宮の敷地内はとても広いので、全部見ようとするととても時間がかかります。行きたいところを目星つけておいて効率よく回ることが重要です!

↓車で移動

11:30 ワット・ポー

ワット・ポーは1788年にラーマ一世によって建立された寺院で、タイの最初の大学だそうです。

やっぱり見どころは巨大寝仏!全長46m、高さ15mの黄金の仏像です。

 

仏像の頭から足まで全部金!ガイドブックの写真では見てたけど、実際みるとそのすごさに圧倒されました。

写真は、寝仏の足側から撮ると全体が入りますよ!仏像の足裏にもいろいろな装飾がされているところも見どころです。

↓車で移動

12:30 昼食

ワットアルンにも行く予定でしたが、アユタヤへ行く時間を考えて断念…

昼食へ向かいました。

お昼はガイヤーン(焼き鳥)が有名なお店で食べました。

ツアーだと提携しているレストランに連れていかれることも多いのですが、お昼のリクエストにも答えてくれました。

ご飯を1時間ほど食べて、バンコクから北へ80kmのところに位置しているアユタヤへ!

↓車移動でアユタヤへ(約1時間半)

この日は30℃以上あったので、午前中だけで体力を奪われ、車で爆睡してしまいました(笑)

アユタヤへ到着!

アユタヤはバンコク市内と比べ、人も少なく、落ち着いています。

中世に栄えたアユタヤ王朝の遺跡が数多く残されており、当時の戦いで破壊された寺院の遺跡や仏像から当時のアユタヤ王朝の歴史を感じることができます。

15:00 ワット・プラ・シー・サンペット

ワット・プラ・シー・サンペットは、アユタヤ王朝の王室守護寺院。

3基並んだ仏塔にはそれぞれ3人の王の遺骨が納められています。壮大な景観に圧巻されました!敷地内が広いのでお散歩コースにはとても良いです。

↓車で移動

16:00 ワット・マハタート

ワット・プラ・シー・サンペットとともにアユタヤ王朝の重要な寺院であるワット・マハタート。

木の根に取り込まれた仏像の頭部が有名ですよね。当時のビルマとの戦いで切り落とされた仏像の頭が木の根からちょうど見える光景は神秘的な感じがしました。

寺院内に入ると、頭部がない仏像がずらーっと並んでいました。

これは当時ビルマ軍から侵略を受けて壊されたものなのですが、ちょっと不気味でした。

敷地内を歩いていると、野生のリスにも出会いました!しっぽがふさふさしてて可愛かったです。

↓車で移動

17:00 ワット・ヤイチャイ・モンコン

ワット・ヤン・チャイ・モンコンは、1357年アユタヤの初代王がスリランカに留学した修行僧たちのために建てた寺院です。

はじめ、大きな涅槃仏像が出迎えてくれます。

少し進むと、仏像が一列に綺麗に並んでいるエリアに入ります。

そしてメインの高さ72メートルの仏塔につきます。仏塔には階段があり、上からの景色も楽しむことができます。

ここはインスタ映えスポットでもありますし、静かでアユタヤ遺跡を一望できることから何時間いても飽きません!

18:00 観光終了

ここで観光は終了!

<注意>アユタヤ遺跡は18時に閉まりますのでお気を付けください!

ぎりぎりまでアユタヤ遺跡巡りを楽しみ、一日ツアーを終えました。

一日でへとへと…

夜まだ元気があるという方は、18時以降ナイトマーケットやスーパーでお土産選びをすることもできます。

<補足①>

今回は9時出発でしたが、バンコク市内+アユタヤ遺跡アーで多いのは7時半、8時出発だそうです。

今回時間がなくて断念したバンコク市内の三大寺院であるワット・アルン(下の写真)も、8時出発だと行けると思います。

その際のスケジュールは

宿泊ホテル出発(8時出発)→ワットプラケオ、王宮→ワット・ポー

ワット・アルン→アユタヤへ(あとは同じ流れ)

<補足②>

バンコク市内観光は交通渋滞によって移動時間がだいぶ左右されます。

(参考)交通渋滞 平日>土日

渋滞がひどい場合、車での移動時間(バンコク市内、アユタヤへの)が予想以上にかかってしまい、アユタヤ遺跡巡りが十分に出来ない可能性があります。

アユタヤ遺跡巡りに重きをおきたい人は、午前中のバンコク市内観光であまり時間を取りすぎないことが重要です!

まとめ

ここにタイトルを入力

1. 1日でバンコク市内の三大寺院・アユタヤ遺跡の三大名所は回ることができる。

2. 午前中はバンコク市内、午後にアユタヤ遺跡を回るコースが良い。

3. 交通渋滞によって移動時間が左右されるので、時間配分に気をつける

時間次第で自分に合ったバンコク観光のプランを立てられると思います!

充実した楽しいバンコク観光になるよう、この記事がお役に立てられればうれしいです。