ジャニーズ

屋良朝幸のジュニア時代まとめ!所属ユニットや振付師としての活躍も

ジャニーズ事務所所属の屋良朝幸さん。

現在、生田斗真さんや風間俊介さんなどと同様、グループに所属せずソロで俳優から振付まで幅広く活躍しています!

現在は踊りや振付でジャニーズの唯一無二の地位を確立していますが

屋良朝幸さんのジャニーズJr.時代が気になりますよね!

そこでャニーズJr.時代の屋良朝幸さんの活動についてご紹介します!

屋良朝幸プロフィール

名前: 屋良 朝幸(ともゆき)
生年月日:1983年2月1日
出身地:千葉県
身長:163 cm
血液型:AB型

ジャニーズ事務所に所属している屋良朝幸さん。

現在は俳優やダンサーとしてだけではなく振付師としても活躍しています。

ジャニーズでは、CDデビューをしたらデビューと言われるのが一般的ですが、

ジャニーズの中には風間俊介さんや生田斗真さんなどグループにもCDデビューもしてないメンバーが存在します。

屋良朝幸さんはジャニーズJr.を卒業していますが、グループにも所属せず

ソロとして俳優、ダンサー、振付師としても活躍しています!

2020年3月には有名なジャニーズの手洗い動画「Wash Your Hands」の振り付けも担当していますね!

屋良朝幸のジュニア時代まとめ

12歳でジャニーズ入所

屋良朝幸さんは1995年、当時12歳でジャニーズに入所しました!

きっかけは屋良朝幸さんのお姉さんがジャニーズのオーディションに応募したこと。

お姉さんは地元のダンス発表会に出演するなどダンス経験があり、オーディションのためにSMAPのがんばりましょうの振り付けを考えてくれたそうです。

しかし、屋良朝幸さんは当日のオーディションで緊張で振りが飛び、落選してしまいました。

そのときたまたま居合わせたジャニー喜多川さんが屋良朝幸さんの踊りに目を止め違うオーディションに参加。

合格通知はなかったみたいですが、気づいたら仕事があるからと呼ばれ、そのままジャニーズに入所することになりました。

そして屋良朝幸さんの同期には滝沢秀明さんと今井翼さんがいます!

2人ともあどけなさが残っていてかわいいですねw

屋良朝幸が所属したジャニーズJr.ユニット

次に屋良朝幸さんが所属していたジャニーズJr.ユニットについてご紹介します!

TOKYO浜松町

TOKYO浜松町は、メンバーの頭文字をとって付けられたグループ。

T 高木誠一郎
O 尾身和樹
K 鎌田淳
Y 屋良朝幸
O 大野智
浜 浜田一男
松 松本淳一
町 町田慎吾

TOKYO浜松町には嵐の大野智さんがメンバーにいたんですね!

残念ながら、大野智さんと屋良朝幸さん以外は既にジャニーズを退社しています。

Musical Academy(MA)

Musical Academy(MA)は1993年3月に結成されたジャニーズJr.ユニット

少年隊のミュージカル「PLAYZONE」に出演していたジャニーズJr.メンバーが集められました。

初代には嵐の大野智さんをはじめ秋山純、原知宏さん、町田慎吾さん、良知真次さんの5人で結成されました。

屋良朝幸さんは1993年9月にメンバーとして加入。

Musical Academyはメンバー編成が激しく入れ替わっていましたが、最終的にはメンバーの退社によりグループとしての活動はなくなりました。

舞闘冠(ぶとうかん)

2007年にNHKの「ザ少年俱楽部」内で滝沢秀明さんがプロデュースしたユニット。

「舞闘冠」とは舞って闘って王冠を取りに行くという由来だそうです。

ダンスが上手いメンバーが集められ、

屋良朝幸さん、塚田僚一さん、千賀健永さん、浜中文一さん、山本亮太さん

で構成されていました。

2009年のテレビCM「コンバット」(大日本除虫菊)でのキレッキレのダンスが話題となりました!

屋良朝幸はジュニア時代から振付師としても活躍

屋良朝幸さんといえばやはりダンス!

15歳のときにみたダンスに目を奪われ、ダンスにのめり込むようになったようです。

屋良朝幸さんは18歳のときにジャニーズSr.に振り分けられ、嵐や関ジャニ∞、滝沢秀明などが華々しくデビューしていく中で、焦りもあったそうです。

「それが取り払われたかというと、まだ取り払われてないかもしれないですけどね(笑い)。何度も(ジャニーズを)辞めようと思った。例えば別の事務所に行った方が、自分がやりたいことができたかもしれない。でも、それじゃ意味がなかった」引用

そんな屋良朝幸さんに転機が訪れたのは、堂本光一さんの2006年のソロアルバム「Mirror」の収録曲「SNAKE」の振り付けを依頼されたことです。

これをきっかけに嵐、タッキー&翼、関ジャニ∞などの振り付けもするようになったそうです!

振付を担当した楽曲

●堂本光一「SNAKE」

●嵐「One Love」「Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」「ワイルド アット ハート」

●タッキー&翼「小悪魔ジュリエット」

●関ジャニ∞「ブリュレ」「Dye D?」

●中山優馬「High Five」「YOLO moment」

嵐「One Love」の振り付けでは、松本潤さんに「お客さんと一緒にできる手の振りで作ってほしい」と言われたそうです。

屋良朝幸さんのダンスは元々ジャニーズっぽい踊りをしたくないというところから来ていて最初は乗り気ではなかったようですが、

自分らしくお客さんが踊れる振付という新しい引き出しが増えたとのこと。

また舞台「Endless SHOCK」の振付助手としても活躍していました!

そして2015年、屋良朝幸さんが当時32歳の時、ジャニーズ事務所公式HPで単独ページができ、ジャニーズJr.を卒業しました!

屋良朝幸さんは現在、ダンスや振付、俳優としてジャニーズの中で唯一無二の地位を確立しています!

まとめ

ジャニーズJr.時代の屋良朝幸さんの活動についてご紹介しました!

屋良朝幸さんは

12歳でジャニーズ入所、タッキー&翼と同期

ジュニア時代はTOKYO浜松町、MA、舞闘冠というユニットに所属

ジュニア時代からダンスを極め、振付を任されるように

32歳のときにジュニアを卒業

ジュニアの同期や後輩がデビューしていく中でダンスを極め続けた屋良朝幸さん。

焦りもあったと思いますが、現在はジャニーズ事務所の中でダンスで唯一無二のポジションを獲得しています!

デビュー組とは少し形は違いますが、自分の得意分野で道を切り開いた屋良朝幸さんはすごいですね!

今度の屋良朝幸さんの活躍に期待です☆