歌手

徳井義実の結婚相手は18歳年下もも?馴れ初めから結婚の決め手まで

芸人コンビ・チュートリアルの徳井義実さん。

アローン会に所属し、独身を謳歌してきた徳井義実さんですがついに結婚かと噂されています。

そこで徳井義実さんの結婚相手”もも”とは誰なのか、馴れ初めや結婚の決め手についてもご紹介します!

徳井義実の結婚相手はチャラン・ポ・ランタンもも

徳井義実さんの現在の彼女は、音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のメンバー、ももさんです。

チャラン・ポ・ランタンは姉妹ユニットでメンバーにはお姉さんの小春さん(アコーディオン)、そして妹のももさん(ボーカル)の2人がいます。

ももさんは1993年4月9日生まれ、徳井義実さんは1975年4月16日ということで18歳差になりますね!

チャラン・ポ・ランタンは2014年7月にメジャーデビューしました。

同年10月にはニューヨークでワンマンショウのチケットが完売、アメリカの超有名雑誌「WALL STREET JOURNAL」にもインタビューが掲載されたことがあります!

2018年11月21日に発売された曲「進め、たまに逃げても」は『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニングテーマにもなりましたね!

また、2019年5月13日放送のテレビ番組『しゃべくり007』では、指原莉乃さんに徳井義実さんの彼女がチャラン・ポ・ランタンと暴露されています!

この爆弾発言に対して、徳井義実さんは「お前やめろ!すぐ帰れ!」」と大慌ての様子でしたw

徳井義実と結婚相手ももの馴れ初めは?

徳井義実さんとももさんの熱愛報道が流れたのは、女性セブン(2018年5月24日号)で2人が自宅デートしていたことがキャッチされました。

ももさんが渋谷でのイベントの後、自転車で徳井義実さんのマンションへ。

3時間ほど経った後2人が一緒にマンションから出てきたとのことです。

同誌の報道によると

徳井義実さんとももさんは2017年秋ごろから交際をスタート

徳井義実さんはもともとチャラン・ポ・ランタンのファン

徳井義実さんがチャランポランタンの楽曲をトークライブで使用したことがきっかけでももさんとの距離が縮まった

徳井義実さんは元々チャラン・ポ・ランタンの大ファンで楽曲をトークライブで使用したことから交際が始まったみたいですね!

2017年秋ごろからの交際となると、3年以上はお付き合いしていることになります。

徳井義実は不祥事がきっかけでももとの結婚を決めた?

徳井義実さんは2019年10月、自身の設立した会社で税金1億円超えの申告漏れがあったということで当分の間、芸能活動を自粛していました。

この謹慎・自粛期間も、ももさんは徳井義実さんと交際を続けていたようです。

2020年8月下旬、徳井義実さんとももさんが愛猫の動物病院やスーパーで一緒に買い物するなど、2人で歩いている姿をフライデー(2020年9月11日号)にキャッチされています。

同誌の記事によると

『謹慎中に料理とウォーキングに目覚めた』とのことです。おそらく、ももさんと一緒に家で料理をしたり散歩をしたりという生活を送っていたんでしょう。親しい芸人仲間やテレビ関係者とも距離を置いていた徳井にとって、ももさんが支えとなったのは間違いありません」

徳井義実さんは謹慎期間の苦しい時期に、ももさんが料理など献身的に支えてくれたようですね。

また、2020年11月17日号掲載の「女性自身」によると

徳井さんが謹慎生活を送るなかで、彼女は無農薬野菜を使って手のこんだ料理を作るなどして献身的に支えていました。彼女の愛情が決め手だったそうです」

独身至上主義だった徳井義実さんですが、ももさんの献身的なサポートが結婚への決め手になったようですね。

徳井義実さんは年内(2020年)に結婚を目指しているとのことです。

まとめ

徳井義実さんの結婚相手”もも”とは誰なのか、馴れ初めや結婚の決め手についてもご紹介しました!

徳井義実さんの結婚相手は音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・もも。

徳井義実さんがチャラン・ポ・ランタンの大ファンで楽曲つながりで距離が縮まった。

徳井義実さんの謹慎期間中にももさんが支えになってくれた(特に手料理)ことが結婚への決め手に。

40代後半まで独身を貫いてきた徳井義実さんがついに結婚となるのでしょうか!?

今後の徳井義実さんの動向に注目です☆