ジャニーズ

スノストの売上枚数に差がないのはなぜ?FC会員数の差からその理由を考察

2020年1月22日に同時にCDデビューしたSnow ManとSixTONES(スノスト)。

デビュー前からテレビにも積極的に出ていて大注目されていましたね。

Snow ManとSixTONESでは、SixTONESの方が人気、売上も多いのではないかと予想されていましたが、CDの売上は僅差!!

  えっ意外!

そこでスノストのCD売上が僅差な理由についてFC会員数の観点からについて検証してみます!

【グラフ】スノストFC会員数の推移は?両者の会員数比較まとめ2020年1月22日に同時にCDデビューが決まったSnow ManとSixTONES(スノスト)。 2019年11月20日にファン...

スノストデビュー曲 売上枚数の差は?

2020年1月22日に同時にCDデビューしたSnow ManとSixTONES(スノスト)。

Billboard JAPANにSnow ManとSixTONES(スノスト)それぞれのCD売上枚数が掲載されました!

【初日】スノストCD売上枚数の差

CDデビュー初日(2020年1月22日)は

SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』 586,350枚

Snow Man vs SixTONES『D.D. / Imitation Rain』 569,152枚

Snow ManとSixTONES(スノスト)の売上枚数の差は17,198枚でSixTONESがリード。

【初週】スノストCD売上枚数の差

CDデビュー当週(2020年1月26日まで)のCD売上は

SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』 776,836枚

Snow Man vs SixTONES『D.D. / Imitation Rain』 752,236枚

Snow ManとSixTONES(スノスト)の売上枚数の差は23,600枚でSixTONESがリード。

ツイッター上では意外と差がない!との声が多く聞かれました。

 

FC会員数から考えるスノストの売上枚数に差がない理由

スノストのFC会員数の推移をみてみると

2019年11月20日の12時からストスト両者のファンクラブの入会受付がスタート。

Twitter上では、ファンクラブに入会した人たちが〇時〇分、会員番号○○番台でした!とツイートしているので、その声を参考にスノストのFC会員数の推移をまとめたのが上記のグラフです↑

スノストがデビューした2020年1月22日のFC会員数は

Snow Man  152,000

SixTONES   190,000

スノストのFC会員数のは2019年11月26日(差は72500人)をピークにどんどん縮まっています!

2020年1月26日最新の情報だとその差は26,000人に!!

ということはスノとストの会員数は思ったよりも差がないということ。

ということは思ったよりもスノとストの人気に差はなくなってきてる?

CDを買うのはFC会員だけではありませんので一概には言えませんが

Snow ManとSixTONESの会員数の差が縮まってきていることが

CDの売上が僅差になっている一因になっていると考えられますね。

まとめ

【初日】スノストデビュー曲 売上枚数の差→17,198枚

【初週】スノストデビュー曲 売上枚数の差→23,600枚

スノストの会員数の差(2019年11月26日)→26,000人

CDの売上枚数の差が僅差で意外!との声が多かったのですが、現在FC会員数の差はどんどん縮まっています。

CDを買うのはFC会員だけではありませんし、ハイタッチ会やCDが全部で6盤あるなど様々な要因はあると思いますが

スノストのFC会員数の差が縮まってきていることが、CD売上の差に影響している可能性があります!