ジャニーズ

スノストのゴリ押しがヤバすぎる…滝沢副社長が無能と批判されてしまう理由

2020年1月22日にCDデビュー予定のジャニーズJr.グループ「Snow Man(スノ)」「SixTONES(スト)」(両方合わせて通称スノスト)。

デビュー前からテレビやドラマに出演して今大注目のグループです!

しかし、今ジャニーズ副社長滝沢秀明さんのスノストの売り出し方ついて批判が殺到しています。

その理由を探ってみました。

スノストは滝沢副社長のお気に入り

タッキーこと滝沢秀明さんは1995年、13歳でジャニーズJr.に入所。

24年間表舞台で活躍し、2019年1月1日現役を引退しました。

現在はジャニーズ事務所の副社長、そしてジャニーズアイランド社の社長としてジャニーズJr.のメンバーを育成・プロデュースを手掛けています。

ジャニーズJr.の中でも特に力を入れているといわれているのが「SixTONES」と「Snow Man」。略称、スノスト。

しかし、このスノストに力を入れすぎてゴリ押しと言われてしまっています。

滝沢副社長のゴリ押し?スノストのメディア露出が異常(特にスノーマン)

2019年8月8日に東京ドームで開催したジャニーズJr.の単独コンサートでスノストの同時デビューが発表されました。

デビューが決定してからテレビやドラマ主演などスノストのメディア露出が増えています。

ここでの疑問が

ジャニーズJr.がデビュー前にここまでメディアに進出していたか?ということ。

デビューして、実力つけて人気になってからメディアに出るべきであって、売り出しのために今から出るのはどうなの?との声が上がっています。

スノストのテレビ出演を調べてみました。

Snow Manの2020年1月テレビ出演↓

SixTONESの2020年1月テレビ出演↓

確かに毎日のようにテレビに出演しますね。

年明けこんなに出演できるのは相当人気あるグループ。まだCDデビューしてないスノストがここまで出演できるのはジャニーズの圧力がかかっている・・・??

スノストの中でも特に滝沢副社長のスノーマンゴリ押しがすごいです。

テレビ出演やドラマ主演はスノーマン単独の方が多い!!

SixTONESはyoutubeの再生回数や公演数がSnow Manより多く

人気も実力も上なのになんでSnow Manの方が優遇されてるの?

とSixTONESファンの不満が爆発です。


ブサイク?タッキーのゴリ押し?SnowManが嫌いといわれる理由2020年1月22日にSiXTONES(ストーンズ)と同時にデビューが決まったSnow Man(スノーマン)。 会員数も着実に増え...

滝沢副社長のゴリ押し?紅白は何でデビュー組じゃなくてスノスト?

2019年12月24日、SixTONES・Snow Man率いるジャニーズJr. が
紅白でスペシャルパフォーマンスを披露することが決定しました。

これは2019年7月に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん(享年87)を追悼する企画。

しかし、ジャニーズファンからは滝沢秀明副社長に対して

ジャニーさん追悼ならジャニーズJr.でなくデビュー組を出すべきでしょ!

と非難が殺到しています。

2020年にジャニーズ枠で紅白出演するグループは

  • ・嵐 (11回目)
  • ・関ジャニ∞ (8回目)
  • ・Kis-My-Ft2(初)
  • ・Hey! Say! JUMP(3回目)
  • ・King & Prince (2回目)

今回は6年連続出場だったSexy Zoneは落選。他にもジャニーズグループはTOKIOやV6などいますよね。

キスマイもデビュー9年目でやっと紅白初出場。

キスマイは後輩のキンプリに先に紅白出場を決められてとても悔しい思いをしたはずです。

紅白に出れるジャニーズグループは限られていて、紅白出場には厳しい競争の中勝ち取らなければならないもの。

スノストはまだCDデビューもしていない。知名度もまだ低く、これから実力をつけていくところなのに何でスノストが紅白できるの?

滝沢副社長自らが手掛けたスノストを売り出したいがために、ジャニーさんの追悼を利用している!と非難殺到です。


まとめ

滝沢副社長になってから、自分が手掛けるsnowmanとSixTONESをヒットさせることによって自分の手柄にしようとしているのが許せない、との声が多いように見受けられました。

かつてジャニーズのエリートであった滝沢秀明さんがデビュー組やスノストファンからも批判を浴びていることは残念ですね。

スノストが今後の活躍で本当の実力をつけることで、滝沢副社長のコネと言われないようにしたいですね!

今度のスノストの動向に注目です!!